狭小住宅の間取りプランをご提案:東京都中央区の則武工務店

中央区の狭小住宅なら則武工務店:東京都 の トップページへ戻る





施工エリア

東京都23区

中央区、 港区、 千代田区、 品川区、
台東区、 墨田区、 江東区、 江戸川区
千葉県 浦安市、 市川市
神奈川県 川崎市、 横浜市

今回は、消費税増税や建築費用の負担軽減などで、
二世帯住宅を検討されている方が多いことから、
二世帯住宅の間取りで失敗しないための3つのポイントをお伝え致します。


先日、住まいの情報サイト「おうち*くらぶ」で、
「二世帯住宅にする場合、絶対に別々にしたい場所はどこですか?」
というアンケートが実施されました。その結果

第1位 トイレ 18%
第2位 キッチン 17%
第3位 浴室 16%
第4位 リビング 13%
第5位 洗面脱衣所 12%

という数値がでました。
プライバシーをなるべく確保したいという思いと
水回りは女性のこだわりが強いというのが影響しているように思います。
特に使い勝手が重視されるキッチンは、なるべく分けたい方が多いようですね。


二世帯住宅で抑えるべきポイント

二世帯住宅では、起きる時間、寝る時間、よく使う部屋など
生活スタイルが異なる親世帯・子世帯が同居することになります。
これらを踏まえたうえで、二世帯住宅の間取りを考える際は、
下記3つのポイントを抑えておきましょう。


①1日の生活スタイルの照らし合わせ
・・・二世帯住宅では騒音の問題も度々出てきます。
  起きる時間や寝る時間など一日の生活スタイルをお互いに考えておきましょう。

②別々にしておきたい場所の希望
・・・共有型にするのか完全分離型にするのか、
  間取りの希望を決める際にとても大切なことになります。

③土地や費用の相談
・・・予算や希望の実現具合など、後々の大きな問題にもなりかねないので、
  なるべくはっきりさせておくことをおすすめ致します。



一生に一度の買い物で後悔しないためにも
あせらずじっくりとした計画でのお家づくりをして下さい。

二世帯住宅の家族 資料請求 お問い合わせ