狭小住宅の間取りプランをご提案:東京都中央区の則武工務店

中央区の狭小住宅なら則武工務店:東京都 の トップページへ戻る





施工エリア

東京都23区

中央区、 港区、 千代田区、 品川区、
台東区、 墨田区、 江東区、 江戸川区
千葉県 浦安市、 市川市
神奈川県 川崎市、 横浜市

昇り降りが楽な6層スキップフロア お年寄りも暮らしやすい3世代住宅
東京都江東区 A様邸

東京都江東区 A様邸
設計ポイント

息子夫婦、子ども達と三世代6人で住むために、工夫をこらした建物です。
南側に運河が通っており、それをいい形で眺められるようなつくりになったので、
お施主様が「ボートハウス」と名づけています。
内部の大きな特徴は、6層のスキップフロア。
昇り降りが楽で、お年寄りにはありがたい設計です。また、家のアクセントにもなっています。


ご家族の描かれた住まいへの夢を実現させるために、いく度となく打合せを重ね、
「環境生かした住宅」「生活を楽しめる住宅」として実現化されました。
1階が閉鎖的になる環境で、建替え前は茶の間が1階、2階は寝室という木造2階建ての住まいでした。
くつろぎの場である茶の間を2階にもってくることで、運河と公園という環境をとり入れた、
快適で居心地のよい都市型住宅となりました。


物件写真

◆外観


東京都江東区 A様邸東京都江東区 A様邸
東京都江東区 A様邸東京都江東区 A様邸

1階はコンクリート、2階と3階は木造、半地下もある混構造狭小三世代住宅です。
1階、2階とも、大きな窓を設置することで、広々とした明るい空間になりました。


◆内観


東京都江東区 A様邸東京都江東区 A様邸
東京都江東区 A様邸東京都江東区 A様邸
東京都江東区 A様邸

昼間は仕事に出かける若夫婦の寝室を1階に、
老夫婦の個室は南側で見晴らしの良い3階にして、
中間となる2階の共有スペース(茶の間)で
つなぐ間取りを採用。


狭小敷地の二世帯住宅の課題であるプライバシーと
コミュニケーションの両立の問題も解決しました。


階段の勾配を緩くしたスキップフロアにすることで、
3階のご両親の負担を配慮しつつ
狭さを感じさせない空間を演出しています。


物件概要

所在地東京都江戸川区
主要構造木造一部RC混構造地上3階建
半地下駐車場
延床面積 1階 −  28.00m(8.4坪)
合計 − 129.06m(39坪)

間取り

3LDK
家族構成6人家族(祖母、夫婦、子ども2人)
家づくりやリフォームなど、住まいに関するご相談はありませんか。

資料請求 お問い合わせ