狭小住宅の間取りプランをご提案:東京都中央区の則武工務店

中央区の狭小住宅なら則武工務店:東京都 の トップページへ戻る





施工エリア

東京都23区

中央区、 港区、 千代田区、 品川区、
台東区、 墨田区、 江東区、 江戸川区
千葉県 浦安市、 市川市
神奈川県 川崎市、 横浜市

自宅購入の際に利用する住宅ローン。借りる前はよく調べ検討する方が多いですが、
借りた後でも返済負担の軽減策として検討すべきことがあります。


別の住宅ローンへの乗り換え

借り換えと呼ばれるもので、金利水準が借りたときよりも低くなっていれば、
低金利のローンに乗り換えることで返済負担軽減となる可能性があります。
まずは、金利を比較してみましょう。


しかし、借り換えは原則として、現在ローンを組んでいる金融機関と同じところではできません。
また、申し込みや審査などの手間に加え、ローンの保証料、抵当権設定費用印紙税などと
いった諸費用がかかるので注意して下さい。


その上で、私はどうなのか?と考える際の基準として、下記3つの条件があります。
①残高1000万円超
②期間残り10年
③金利1%低下

また、各金融機関の店頭やホームページでは、借り換えの試算を行っているので
該当した方は、ぜひ一度チェックしてみて下さい。


乗換えで将来の不安を解消

例えば、現在変動金利型の住宅ローンを組んでいる方は、
この先金利が上昇すれば返済金額が増え、逆に下がれば返済額が減ります。
とある方は金利が上昇するかもしれないという不安にさらされるのは嫌だと思い、固定金利へ乗り換えました。

結果的に、その時点で月々の返済額は約1万円増えてしまったそうですが、金利への不安は解消されました。
皆さんも幸せなお家づくりをするために、自分にあった住宅ローンを組むこと。
またその後も、今の自分にあっているかきちんと考えることを大切にしてください。


※参考文献:読売新聞

資料請求 お問い合わせ
変動金利の見直し
多くの銀行の変動金利タイプは、半年ごとに適用金利が見直され、返済額は5年ごとに見直されます。

5年間に金利が上昇していた場合には、6年目以降の返済額が上がる仕組みなのです。半年ごとに見直される適用金利が上昇しても、すぐに返済額は増えませんが、ただし、返済額中に占める利息の部分が大きくなって、元金があまり減らない事態になる。

例えば、金利が3上がってきたら、未払い利息が発生する可能性が出てくる。未払い利息とは、月々の返済額以上に利息がかかるようになる事態で、返済額を超える利息部分は未払いのままたまってしまうのです。

5年ごとに返済額が見直される場合も、月々の返済額はもとの返済額の1.25倍までしか上がらないというルール(1.25倍ルール)を持っている銀行も多いです。

もし、金利がそれ以上に上がっていたら、さらに未払い利息が膨らむことになります。ローンの元金は1円も減らないのに、逆に払っていない利息が上乗せされていくことになります。変動金利は、金利が上昇すると返済額が増える可能性があること、未払い利息が発生するリスクもあるということは知っておきましょう。


資料請求 お問い合わせ
今回は、消費税増税や建築費用の負担軽減などで、
二世帯住宅を検討されている方が多いことから、
二世帯住宅の間取りで失敗しないための3つのポイントをお伝え致します。


先日、住まいの情報サイト「おうち*くらぶ」で、
「二世帯住宅にする場合、絶対に別々にしたい場所はどこですか?」
というアンケートが実施されました。その結果

第1位 トイレ 18%
第2位 キッチン 17%
第3位 浴室 16%
第4位 リビング 13%
第5位 洗面脱衣所 12%

という数値がでました。
プライバシーをなるべく確保したいという思いと
水回りは女性のこだわりが強いというのが影響しているように思います。
特に使い勝手が重視されるキッチンは、なるべく分けたい方が多いようですね。


二世帯住宅で抑えるべきポイント

二世帯住宅では、起きる時間、寝る時間、よく使う部屋など
生活スタイルが異なる親世帯・子世帯が同居することになります。
これらを踏まえたうえで、二世帯住宅の間取りを考える際は、
下記3つのポイントを抑えておきましょう。


①1日の生活スタイルの照らし合わせ
・・・二世帯住宅では騒音の問題も度々出てきます。
  起きる時間や寝る時間など一日の生活スタイルをお互いに考えておきましょう。

②別々にしておきたい場所の希望
・・・共有型にするのか完全分離型にするのか、
  間取りの希望を決める際にとても大切なことになります。

③土地や費用の相談
・・・予算や希望の実現具合など、後々の大きな問題にもなりかねないので、
  なるべくはっきりさせておくことをおすすめ致します。



一生に一度の買い物で後悔しないためにも
あせらずじっくりとした計画でのお家づくりをして下さい。

二世帯住宅の家族 資料請求 お問い合わせ
すまい給付金
家づくりをご検討されている皆さんの最近のお悩みは何でしょうか?最近、当社にお問合せ頂く方には、消費税8%が適用されてしまう方もいらっしゃり、少しでも負担を減らそうとすまい給付金の活用をご検討される方も多いです。


そんなこともあり、国土交通省では、
生活者向けに住宅取得を支援する説明会を2月から3月にかけて行います。
住まいに関する展示相談会とあわせて実施しており、国土交通省担当職員が「すまい給付金」などの消費税率の引き上げに対応した住宅取得支援制度を説明するほか、ファイナンシャルプランナーによる資金計画に関する解説なども行います。


2月1日の和歌山県を皮切りに全都道府県47会場で実施する予定です。
詳しくは当社にお問合せください、また下記の公式HPからもご確認頂けます。


すまい給付金の説明会・日程はこちら
http://sumai-kyufu.jp/setsumei/ippan.html

※参照:国土交通省
資料請求 お問い合わせ

2015年1月から相続税が課税強化されます。
今までは「5000万円+1000万円×法定相続人数」
これからは「3000万円+600万円×法定相続人数」

となります。
例えば、法定相続人数が妻1人と子供2人の合計3人のケースだと
基礎控除額は8000万円→4800万円と4割も縮小されることになるのです。



生命保険の活用

そこで今回は生命保険を活用した相続税対策についてお伝えしたいと思います。
なぜ、相続税対策に生命保険が有効と思われるかというと、主に下記2つの効果が見込まれるからです。



①みなし相続税
生命保険の死亡保険金は「みなし相続税」とされ、相続税が課せられます。
ただし「法定相続人」1人につき500万円の非課税枠が設定されており、
相続税がかからない仕組みとなっております。


例えば、法定相続人が妻と子供2人だと、
合計3人×500万円=1500万円が非課税となります。
これを利用して「一時払い終身保険」などに加入することで、
預金から非課税枠のある保険への振り替えが出来るのです。


②もしもの時の遺言代わり
当然のことながら受取人の指定が可能なので、遺言代わりになります。
財産の配分を巡って家族が争うような事態をふせぐことにも繋がります。



※参考文献:読売新聞


資料請求 お問い合わせ